2018年4月9日

本日は阿比留さんが担当でした。



早生まれ遅生まれのはなし

子供が4/5に入学式だったんですけど、
近くの親御さんたちが、
「うちは4月生まれだから」
「うちは早生まれです。」
というって子供の生まれ時期で
悩まれる親がいるようでした。

うちは上の子が4月生まれで
下の子が3月末生まれなので、
日本ではどちらが有利なのか調べてみました。

遅生まれは、スポーツ関係の成績が
体格の違いからかいい成績になりやすいそうです。

ただ、教養の部分ではあまり差がないようでした。

「○○歳の教材」といったものは、
9月生まれを基準にしているので、
平均的なデータになっているそうです。

ほかの部分では退職金の入金時期があり。
やめてから5年間は退職金が入らないのですが、
年度で区切られているところが多く、

3月で辞める人は丸々5年になるが、
他の時期は数か月早くなるといったこと。

これは、あくまで会社によってですが、
会社の制度によっては、
児童手当などの控除金も年度で締めるので、
もらえる時期の違いなどが変わるそうです。

調べた結果からすると、
総じて遅生まれが得になるようでした。

時期は選べないですけど、
そういった部分でうちの子供たちは
極端なので、調べて勉強になりました。



とのことです。

こういったところはもう少し平等になっても
いいところだと思いますけど、
生まれてくる時期はあまり選べるものではないので、
難しい問題ですね。

以上、社員ブログでした。