2018年7月5日

本日は瀧栁さんが担当でした。



挑戦することの話

私事ですが、27歳最後の日に
車の仮免許試験を無事合格しました。

(一同:おめでとうございます!)

働きつつ合間を縫って
土日と平日は皆さまにご協力いただき、
定時に上がらせていただきまして、

終わり次第、免許学校に通いながら
ようやく受かりました。

実は私、
一度 仮免許試験に落ちてまして…

それはそれはコテンパンにされて、
最初は「なんで落ちるねん」という感じでしたが、

右左折の際にしっかり寄せるということがなかなかできず、
その累積の減点で落ちてしまいました。

そのミス1回につき5点の減点になり、
70点が合格基準なのですが、
65点になってしまいまして
その減点内容が全て 寄せが原因とのことでした。

なんとか2回目のときは、90点で合格し、
先生には「すごく安全運転でよかったです」と
褒められました。

なんとかなったのも束の間で、
今週の金曜日から初めて路上での教習になります。

このまま野に放たれるのが非常に恐くて…

どこの学校も1つや2つぐらい狭い道はあると思いますけど、
今通っている教習所も例外ではなく、

通られた方はわかると思うんですけど、
(※社員皆さま近所のため、知っている前提で話進みます)
すごく狭い川沿いの道路があり、
車幅がギリギリの道路があるのです。

駅前を走る教習コースなのですが、
その周辺も狭く、一方通行の道路もあって、
毎回 教習者が死にそうな状態になっているのを見かけるので、
私もその死にそうな一台になるんじゃないかと
今から震えています。

以前その教習所の近くに住んでいた時期があり、
このあたりの車幅の狭さは理解しているつもりです。

いまから高速道路での教習とか楽しみにしていますが、
まずそこまでいけるかどうかで
恐くて恐くて…

仮免許を受かってそんなことを考えて、
絶望しながら家に帰宅したら、
夫も同じ絶望顔で帰ってきて、

どうしたのかと聞いたところ、
「中型免許を取ることになっちゃった」
※瀧栁さんの旦那は教習所の指導員
とのこと。

旦那は普通車と中型二輪の資格を持っていて、
上司には「あと1個免許を増やせ」とのお達しがあり、
中型免許とけん引免許を取ることになってしまった
と今から夫婦で青くなりながら勉強を頑張っています。


とのことでした。

。。

最初に難しい道路をこなせば、
あとの道路が恐くなくなるかもしれません。

道路なので、
一定の危機感は必要かもしれませんが…

以上、本日の社員ブログでした。