2018年7月12日

本日は阿比留さんが担当でした。



あごと診断結果の話

先日社内でも通達してましたが、
ご飯も食べれないぐらいあごが痛くて、
もともと顎関節症(がくかんせつ症)だったので、
関東労災病院に行ってあごの検査をしてきました。

結果的に言うと、
自分は顎関節症だと思って病院にいったのですが、
原因は歯の治療によるものでした。

半年ぐらい前まで
歯医者で虫歯の治療をしていたのですが、
レントゲンやMR検査などをやった結果、
あごがズレていることがわかりました。

ズレている原因は、
歯が1本飛び出していたとのことです。

飛び出しているところの原因は、
虫歯の治療だということです。

虫歯の治療で、歯が何ミリか浮いてしまい、
ずっと噛み合わせが悪い状態で、
あごがナナメに傾いたまま、
食べ物を咀嚼してあごを動かしていたので、

時間とともにズレが余計に大きくなり、
ズレているほうのあごの筋肉やスジが
全部伸びてしまっていたという診断結果でした。

それが原因で激痛が走っているので、
まず あごの矯正をして、歯も矯正もして、
2カ所の矯正があるので、
お金が結構かかると先生から言われてしまっています。

なので、あごがガクガクしていたら
気を付けてくださいと皆さんに言いましたが、
歯の治療が原因かもしれないので、
歯医者にいったあと、
ちょっとでも歯が浮いていると思ったら
もう一度 歯医者に必ず行ってください。

私の場合は、
これらの治療が終わらないと
しばらくはこの痛みと
付き合っていかないといけないので、
くれぐれも注意してくださいね。


とのことでした。

。。

痛いはずなんですけど、
阿比留さんは笑顔で面白そうに
このことを話していました。

「マウスピースやらの矯正器具を作って
痛みと戦わなきゃあはは」といった感じが印象的で
思いのほか大丈夫そうに見えたのは、
気のせいですね(´・ω・`)

皆さまも気を付けましょう。

以上、本日の社員ブログでした