2018年8月2日

本日は篠田さんが担当でした。



将棋の話

久しぶりに将棋の話をしたいと思います。
(大塚さんは将棋と食べ物が大好きな社員です。)

1カ月ぐらい前なんですけど、
日曜日にテレビを見ていて
藤井聡太7段が出ている
NHK戦という将棋の大会を見ていました。

途中まではすごい優勢で
明らかに藤井聡太が勝つだろう思われていたんですが、
最後の最後に素人目が見てもわかるほどの
ミスをしていたまして、

そこで立て直せば、
まだ優勢のまま巻き返しができたのに、
その後も焦ったのかミスを連続して、
結局負けてしまいました。

天才でもそういうミスをするんだなあと思ったのと、
将棋の解説者も言っていましたが、
まだまだ若いなあということを言っていたので、

今後その部分をしっかりしていれば、
もっと強くなると感じましたし、
タイトル戦でも活躍していって
メディアを騒がせるなあと思い、

一応ご報告させていただきました。

ちなみに相手の方は今泉プロでした。
このかたも珍しい方で
特別ルールによって41歳でプロになった
初めての人だったので、
珍しいカードで楽しかったです。


とのことでした。

天才もミスはしても
なんとなく「天才なのに以外」という
色がかかって綺麗に見えがちな感じがしてしまうのは、
私だけですかね…

なんかミスしても完璧じゃないところが
かっこいい気がしてしまいます。

以上、本日の社員ブログでした。