2018年8月10日

本日は松野さんが担当でした。



泣くことの効能の話

感情が高ぶると泣いてしまうという話を
竹内さんとの雑談の中でしていて、
大人なのでなるべく人前では
泣かないようにしているのですが、

今回は「泣く」ということが及ぼす
身体の影響についてお話しいたします。

泣くとリラックスとかの副交感神経が優位にたって
ストレス状態から少し開放されて
その効果で泣いたあとに頭がスッキリして、
きちんと次のことに向き合えるようになる

と以前の職場で聞いたことがあって、
その職場ではよく泣いてたんですけど(笑)

いまは笑うことが多いので、
たまには感動するものだったり、
体験や映像を見たり、
意識して感情を動かして泣いてみてもいいかな

と思った今日この頃でした。


とのことでした。

泣けるシーンだけみてストレス発散している人
意外と多いですよね。

感動して泣くのはいいけど、
悲しくて泣きたくないなあ… (´ー`)
。。

以上、本日の社員ブログでした。