2018年8月18日

本日は瀧栁さんが担当でした。



夏休みで北海道に行った話

皆さまのおかげでお休みをいただきまして、
計6日間 北海道に行きました。

自分の中で1番長い旅行になったんですけど、
前半は石狩の近くで行われる
ライジングサンロックフェスに行ってまいりました。

2日間 開催でして、
2日目はオールナイトという
体力勝負の中で私はなんとか楽しめました。

ですが、あいにくの天気で、
小雨が降ったり、ちょっと晴れたかと思えば
すごい雨になってしまったり、
6回このフェスを体験しましたが、
今回は過酷で試されるフェスでした。

ビショビショになりながら
あちこちのステージに行って
いろんなアーティストを見て、
感動したり興奮したり忙しかったです。

その中で一番印象的だったアーティストが
山下達郎さんでした。

私たちの世代は聞く人があまりいないんですけど、
私の父が好きで、
幼少期から山下達郎さんの音楽を聴いて育ちました。

まず生で聞けたことが感慨深くて、
ウルウルしながら聞き入ってました。

全部で13曲ぐらいやってくださって、
その途中で機材トラブルなどがあり、
そのことから「おまけでもう1曲増やします」といって
やってくださったのが
「ハイティーン・ブギ」でした。

もともと他のアーティストが歌っていましたが、
この曲を楽曲提供していて
山下達郎さんバージョンのハイティーン・ブギを聴いて
夫と2人で「おー」と言いながら
びっくりしつつ感動して聞いていました。

雨も強くなっていたので、
私はカッパのフードを狭くして
頑張って聞いていたのですが、
最後の最後にかかった曲が
「さよなら夏の日」という歌でした。

すごく夏の最後にふさわしい曲だなあ
と聞いていたのですが、
「雨に濡れながら僕たちは大人になっていく」
という歌詞の中にあり、
「まさに今じゃないか」と
ザーザー降りしきる中、しみじみ聞いつつ、
これでまた1つ年を重ねてこれたのかなあと
状況とシンクロする歌詞に浸りながら
非常にいい時間を過ごさせていただきました。

これでまた今日からお仕事を頑張れそうだなと
思ったひと時でした。


とのことでした。

音楽好きにはたまらない
24時間音楽漬けの夏の風物詩ですね。

まだ行ったことがない人は
一度は行ってみてください!
。。

以上、本日の社員ブログでした。