2018年9月11日

本日は餅田さんが担当でした。



運の話

私は生まれつきではないんですけど、
運が悪いと思って生きてはいないんです。

ただ、運が良いと思って生きている人と
運が悪いと思って生きている人の違いは何か…
と思って調べました。

面白い実験があって
宝くじのあたる確率を
運が良いと思って買う人と、
運が悪いと思って買う人で
確率が変わるのかを研究した人がいました。

結果から言うと 「確率は変わらない」そうです。
当たり前ですね。

ランダムに当たる当たらないというのは、
誰もが平等で全員にチャンスがあり、
運は関係ないということがわかりました。

じゃあ運が良いと思っている人と
悪いと思っている人の違いは何かというのを
心理学者が調べた結果、
性格的な違いがあることがわかったそうです。

性格の特性を5分類に分けて調べたら
ある共通点が見つかったと発表されました。

その5つの要素が
・誠実性
・調和性(協調性など)
・外向性(社交的かどうか)
・精神的安定性(情緒の安定)
・開放性(好奇心など)

となっていて、
運が良いと思っている人は、
外向性と開放性のスコアが高かったという
共通点がありました。

また、運が良いと思っている人は、
・困っているときに誰かの手助けを借りれる
・チャンスに気付きやすい
などの特長のようなものが挙げられました。

その証拠に、
道行く人に突然 新聞を渡して、
「この新聞に写真が何枚載っているかを30秒で当てたら100ポンドをプレゼント」
という実験をした結果、
上記2つのスコアが高い人が
圧倒的に100ポンドをもらえたという結果になりました。

この実験のカラクリは、
新聞を開いた1番最初のページに
「この新聞に載っている写真の枚数は○○枚です。」
という答えが書いてあるというオチです。

こういったヒントに気が付けるかどうかが、
圧倒的に差が出たという結果になります。

運が良さそうに見える人は
実際に運が良いということですね。

このような人になるには
行動や言動の真似をすると
自然と運が良い人になれるとのことなので

ヴューテックで言うと
川出常務や篠田さん・松野さんが私にとっては
そう見えるので一部真似をしようかなと思いました。

 


とのことでした。

川出常務
「運が良いにもいろいろ種類があると思うけど、
私の場合は、事故があったり・大怪我をしても
ギリギリ最悪なことにならない
というところで運を使っている気がしています。(笑)

だからあんまり真似しない方が良いかも」

とありがたいアドバイスを頂きました!

運も実力のうちと言いますしね(´・ω・`)

。。

以上、本日の社員ブログでした。