2018年9月20日

本日は竹内さんが担当でした。



バイクの教習の話

4月末に入校手続きをして、
もうかれこれ5カ月が立つんですが、
(竹内さんは大型2輪の教習に通い中です。)
教習所の予約が取れなかったり、
やる気が失せてしまって、
しばらく行っていないなどをあって

通い期間が5ヵ月ぐらいになるんですけど、
その間で1カ月行っていない期間が2回ほどありました。

先日予約が取れてようやく行ったんですけど
見極めの段階で、
1本橋が難しいんですけど、
私的にはスラロームが難しくて

教えてもらうんですけど、
感覚が鈍いのかクネクネするタイミングが難しくて
その時の教官に「芯がブレている」とか
一生懸命アドバイスをされたんですけど、

結局うまくできず、
スチュワーデス物語のようにしごかれてました。

終わるころにはちょっと感覚もつかめて
まあまあできるようになったので、
見極めはOKになりました。

次の教官に教えてもらったときに
前回「芯がブレている」って言われたと話したら
「そこは別にどうでもいい」とあっさり言われて
なんだったのかと思いました。

教官によって厳しい人もいますし、
教える側の人によって違うことを言われたりするので、
卒験などは緩い人にあたることを願って
早く免許取れるように頑張ります。


とのことでした。

スチュワーデス物語のところで社内はザワつき、
「これ若い人は知っているの?」
「教官!!」
「なにそれ全然わかんない」
等の声が飛び交っていて、

今じゃ時代の流れで放送できない内容の
堀ちえみ主演の80年代のドラマですね。

これ以上深く記載すると
社内の年齢層が明るみになるので控えますね( _´ω`)_

。。

以上、本日の社員ブログでした。