2018年9月25日

本日は荒川さんが担当でした。



本での名言の話

本田宗一郎さんの本が好きで、
最近読んだ本で「やりたいことをやれ」という
名言集のような本を読んだんですが、
その中で私の好きな名言をご紹介します。

その名言で面白いなあと思ったのが、
「社長なんて偉くないもなんともない。
課長 部長 包丁 盲腸 と同じだ!」
という名言があって、
上下関係にというところに関しての気質と
会社というのは組織が有効に働いて
良い形になるんだっていうようなことが本に書いてありました。

これも他の本に書いてあったんですけど、
会社というのは「人体と同じだ」という考え方で、
心臓だけでは生きていけないし、
無駄な部位であるといわれている扁桃腺や盲腸なども
最近では抗ガン作用があると研究で発表があったり、
一見無駄に思えるところも含めて、
人体には無駄な箇所は一カ所もない

それらがうまく連動して、人間はすばらしい行動を起こすことができる。

熱いものを触ったあとに、パッと手を離す行為も、
手があって、神経があって、脳があって
というように、いろいろな部分が
すべてがうまく噛みあって作用している。

それをなんで会社の組織に生かせないのか?
というようなことを書いてある本でした。

まさにその通りで、
営業部だけでは成り立たず、
業務部だけでも成り立たず、

でもなぜか対立するようなことがよくありますし、
全く無駄なことをなんでしているんだ
というようなことも書いてあって、

各部署、各個人が連携して、
無駄なことがない、上下関係にも縛られ過ぎない、
それらがうまく機能することによって
会社の成長であったり、
組織が発展するようなことになるんではなかろうか
ということがわかる本でした。

もしかしたら本田宗一郎の文章の中に
その思いが込められているんかなあと思いながら

改めて皆さんのお力があって僕が営業活動できるんだなあ
と思うこともできまして、お話しさせていただきました。


とのことでした。

以上、本日の社員ブログでした。