2018年11月7日

本日は島田さんが担当でした。


漢字の「ヵ」「ケ」の話

皆さまは「1カ月」という漢字の
「カ」の字をどう書きますか?

か/カ/ヵ/ケ/ヶ/箇

といろいろな書き方がありますが、
私は「ヶ」を使っていました。

そもそも「ヶ」でなんで “か”と発音するんだろうと
疑問に思っていたりしたのですが、
結論から言うとどれも使用しても間違いではございません。

ただ、どれが一番正しいものに近いかということを調べたところ、
実は「箇」ということがわりました。

公用文書は算用数字の場合は、
ひらがなの「か」
漢字で書く場合は「箇」ということでした。

定期券などは「1箇月」という記載がありますね。

では、なぜ「ケ」という字は
使われるようになったのかと言うと、
“箇”の竹冠を略して「ケ」という記載になったとのことです。

「カ」というのも漢字の略字ということでした。

また、カ/ヵ/ケ/ヶ のような文字の大小の違いについては、
単純に文字のバランスだということでした。

地名の蟹ケ谷(かにがや)や、梶ケ谷(かじがや)は、
大きい「ケ」だそうです。

予測変換では小さい方の「ヶ」が上位で表示になるんですけどね…

静岡の三ヶ日(みっかび)は小さい「ヶ」になるんですけど、
地名によって登録の際にその部分をきちんと決めて登録するので、
正しい字が定められているようです。

私なんかは郵便番号の検索調べるようにしています。
それで調べれば、公式文書の書き方になるとのことでした。

今後 自分の文書で1カ月2か月と記載するときは、
どれがいいか悩みそうですが、
もう一度考えていただければと思います。

ただ、どれも間違いではないので、
お気軽に。


とのことでした。
。。

「溝の口」や「江の島」でも
表記をめぐって戦いがあったのだとか…

こういった、なんとなくで表記してきたもので、
混乱することもありますね(笑)

以上、本日の社員ブログでした。