2018年11月9日

本日は川島さんが担当でした。


正岡子規さんの話

10月13日に「サツマイモの日」という日があるんですけど、
その日を調べていると
俳人であり歌人である「正岡子規」さんに繋がりましたので、
そのことについて話したいと思います。

正岡子規は1867年に生まれて、
お友達に夏目漱石などがいたようです。

有名なのが、
「柿くへば鐘が鳴るなり法隆寺」という句で、
江戸時代ぐらいにあった句かと思ったんですけど、
結構最近の句でしたね。

生前、2万ほど詩をつくったといわれていますが、
私自身は「柿くへば・・・」しか知らないなあ。

実家が松山で、病気になって帰ってきたときに、
ちょうどその時、夏目漱石は松山で学校やっていて、
そのころに夏目漱石と一緒に過ごしていたとのことでした。

そこから療養のために京都に移る途中で、
「柿くへば鐘が鳴るなり法隆寺」が生まれたそうです。

正岡子規は34歳ぐらいで若くしてお亡くなりになったんですけど、
かなりの野球好きで、
無くなる直前まで野球をしていたぐらいだと言われています。

野球用語の和訳をしたのが、
正岡子規ということわかり、
ピッチャー → 投手
ファースト → 一塁手
などに変換していった人でした。

そういったことから、プロ野球選手ではなく、
野球の普及に貢献したということで、
「野球殿堂」に文化人でありながら入っている偉大な人でした。

そういった面白いことがわかったのでお話しいたしました。


とのことでした。
。。

ショートを遊撃手と和訳したのが、
すごく気になりますね。

なんで「遊撃」としたのか、
どんな意味があるのかを
今度川島さんに確認したいと思います。

以上、本日の社員ブログでした。