2019年1月14日

本日は村松さんが担当でした。


社員旅行の話

先日の社員旅行のスキーで皆さまと行ったとき、
私はスキーをすること自体、
四半世紀ぶりっていうぐらい滑っていなかったです。

すごい楽しみにしていたんですが、
イメージとしてはどうやったら滑ったらいいかという状態でした。

滑ることはできたんですけど、
どんな形でもすべり終わってホッとひととき、
平面のときところで力が抜けたのか、
板を履いていたことを忘れていたのか、
コロッと転んでしまいました。

そのときに起き上がれないんです。

転んだときにどう起き上がるかのイメージができていなくて
1人で全然起き上がれなくて、
瀧栁さんと今井さんに助けてもらって、
滑るより大変でした。

そんなことを忘れるぐらいだったので、
次回滑るときはちゃんと転んだときに
起きるイメージをしっかりもっていきます。

一生懸命頑張って大変なときは何もないんですが、
暇なときにやらかしてしまったり、
日常にも重なる部分があると思うので、
そういうときこそ緊張感をもって、
意識できればと思うできごとでした。


とのことでした。

川出常務から
「転ぶのはしょうがないこともありますが、
リカバリーをきちんとやっていけるかが非常に大事ですね。」
「荒川さんとスキーを滑っていましたが、
彼は起き上がりが大変そうでした。
その部分のイメージは難しかったんですねきっと」

と社員旅行を楽しんでいるようでした。

以上、本日の社員ブログでした。