Windows10のパソコンを使用してインストールされているプレーヤーでSDカードをフォーマット後、
本体にそのSDカード挿入し起動すると再度本体側でフォーマットを開始するという事案を解消するものです。
※旧ファームウェアをそのまま使用されても、本体機能や映像記録などに問題はありません。

注意事項
1.  本ファームウェア(Ver. 2.5125)で本体をアップデートした場合は、
必ず対応新プレーヤー(Ver.2.2.6.296以上)を使用してください。
※以下の場合、映像記録したSDカードを再生/バックアップ時に正常に動作しないことがあります。
① 本体用旧ファームウェア(Ver.2.1520など)で 新プレーヤー(Ver.2.2.6.296以上)を使用した場合
② 本体用新ファームウェア(Ver.2.5125など)で旧プレーヤー(Ver.2.2.6.271/2.2.6.273)を使用した場合

2.  レストア機能が削除されています
※レストアとは、SDカードが本機用にフォーマットされている状態を解除する機能です。
本機でSDカードをフォーマットすると、パソコン上では”77.2MB”のみがハードウェアとして表示されます。
その状態を元のSDカード容量で使用できるように戻す機能です。

旧プレーヤーではフォーマットウィンドウ内にレストア機能がありました。
もし、レストアしたい場合は別途SDカードフォーマッターをご用意ください。